株式会社メイワファームHYBRID

TOTTEOKI

2016年に鳥取県より品種出願された新品種で、「”とっ”とり県産をアピール、特別な美味しさを日常生活の中で!」という思いで命名され、2018年10月10日に品種登録されました。
鳥取県内だけしか栽培できない、鳥取の冬場の低温、低日射の条件下でも十分な収量と糖度が得られる品種です。
果肉は白くしっかり詰まっており、上品な甘さと適度な酸味も。みずみずしいジューシーさ&華やかないちごの香りもしっかりと感じられます。

ONSEN ICHIGO

メイワファームHYBRIDが鳥取県で2020年からICT農業を活用した次世代農業「スマート農業」で温泉熱を利用したクラウン栽培で茎を直接温めることでいちごの成長を促して育てています。そこで「温泉イチゴ」と命名し、メイワファームHYBRIDブランドとして立ち上げました。

SMART AGRICULTURE

気温・土壌温度・湿度・二酸化炭素濃度・日照量・風量を24時間完全モニタリング、風量・気温との連動による側面換気窓の自動開閉システム等、ICTを活用した日本の次世代農業「スマート農業」の確立を目指しています。

Equipment

温泉熱を利用したクラウン栽培と熱源の確保により環境負荷を低減させ、スライドらくラックを導入することで収量が最大1.8倍となり施設を有効利用できます。

ABOUT US

「日本の食物」の「あたりまえ」を続けるために、新規就農者の支援や雇用による地域活性化など、社会に貢献できる事業を目指しています。